Jujutennnyo 寿授天女

Energy Stylist Yukari Hagita

ブログ

普通に生きてきた人がenergyの世界を体験する時ー直傳靈氣ー

o0800053412927971423

昨日より、東京ユカリオフィスにて、直傳靈氣セミナーを開催しております。
朝セミナーの少し前から、どんどんくるエネルギーに思考がストップ!

いつものユカリ節がでてこな===い!

もう、話すことに支障が出るほどに、エネルギーが高まっていました。
そんな中、靈氣の授業。
この状態はアイルランドへゆくことも多いに関係している、と思いました。

カラダが変化している!
私たちはもしかして、、
新しいカラダを受け取り出しているかもしれない、、

そんな思いがよぎりました。

もっと、この三次元でいろいろな事ができる!きっと!!

おそらくこのエネルギーBODYの活性化。
私たちは天然のエネルギーを初めからちゃんと持っている!
そして、これは神業的に正確なのよ!しってます??

今日靈氣二日目。
早々に、生徒さんが靈氣のエネルギーを受け取ったその後の変化をアップしてくださいました。   コチラ↓

http://ameblo.jp/yumeari-life/entry-12029555186.html

では、本日これから靈氣二日目に入ります。
4/24.25.26にCRA福岡エナジメントスクールで直傳靈氣(じきでんれいき)セミナーを受講された広島の増田千寿栄さんの体験談を記事にしました。

私事ですが、昨日は父の手術でした。
腰が長年悪く、とうとう歩くこともままならなくなったので、手術となりました。
手術前に少し時間があったので、父へハンドヒーリング「直傳靈氣」をさせてもらいました。
「直傳靈氣」とは、手を相手の体に触れることによっ、て天の氣を施術者をパイプとして流す、ハンドヒーリングです。
もちろん父は「直傳靈氣」など知りませんが、
患部に手をしばらく当てていると、「あったかくなってきて、気持ちいい」と。
普段どちらかというと母とのほうが買い物や食事に行ったりと一緒に過ごす時間が多いのですが、
手を触れることで自然と父と娘の心の交流もできたように感じました。
父も心なしか喜んでくれたようです。
手術は無事終わりましたが、麻酔が切れてくるころになると
「腰が痛い」と訴えるようになりました。
が、触ることもままならず、ベッドに貼り付け状態の父。
「直傳靈氣」では、遠隔という方法を使って、手を触れないで癒やす方法があります。
父の病室で付き添っている間、父の痛みが緩和されるように遠隔を使って施術していました。
私の手には実際に触っているときのように、父のカラダのどの部分が病んでいるかが明確にわかりますので、その部分に集中的に氣を流していきます。
すると、すやすやと眠り始め、痛みも訴えなくなりました。
遠隔治療では、離れている場所にいても相手を癒やすことができます。
ですので、父が病室にいても、私は父の元に駆けつけることなく、自分の家で好きな時間に、「直傳靈氣」で父を癒やすことができます。
当面のあいだ、面会にも行きますが、遠隔治療を続けていきます。
一日でも早く父が回復するように願って。

緊急開催直傳霊氣セミナー

★7月18,19,20日(土日祝):東京
前期開催時間:18日10:00~13:00  19日10:00~17:00
講習代:46,350円

後期開催時間:20日10:00~17:00
講習代:41,200円

持ち物:てぬぐい、軽食
※再受講歓迎:1コマ(3H)5,400円
ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です